クラミジア感染の治療の種類

かかってしまってもなかなか人にいうことができない病気、それが性病です。結婚されている方や恋人がいる方にとって、この問題は大変深刻で、もちろん口に出していくことはかなりはばかられるでしょうけれども、同時に性行為によって相手にその病気をうつしてしまう可能性もあるわけですので、かなり慎重に対応していかなければならないでしょう。
その性病の代表的なものの一つに、クラミジアがあります。この病気にかかると、男性の方であれば性器の先から黄色い透明な膿が出てきて、それに加えて排尿痛や性器のかゆみなども現れます。人によっては症状が現れないかたもいるようなのですが、その場合のほうが怖く、知らず知らずのうちに相手にうつしてしまっていた、などということもありえるのです。
クラミジアの治療は、薬によって簡単に行うことができますので、少しでもおかしいと感じたらすぐに医師の診断を受けてください。このクラミジアの治療の際に使われるのは、マクロライド系の抗生物質です。その他の系統の抗生物質では、クラミジア治療に効果はないといわれていますので、十分注意してください。マクロライド系の抗生物質には、ジスロマックというものが有名で、そのジェネリック医薬品であるアジーという薬もクラミジア治療には有効です。服用はだいたい1週間程度ですが、一度飲めば1週間有効というものもありますので、それを飲んだ場合には1度の服用で治療を終えることができます。
もし、医師の診断を受けたくないという場合には、個人輸入などによってそれらのマクロライド系抗生物質を手に入れる方法もありますが、できればきちんと医師の診断のもとに治療を行ったほうがよいでしょう。

▼ジスロマックを通販で購入する方はこちらから
殺菌力の高い抗生物質ジスロマック